菌活のオリゴ糖と発酵食品について!

 

最近では発酵食品による菌活を行う女性が多くなっています。

オリゴ糖はお腹の調子を整えてくれる効果がありますし、菌活に興味を持っている人もいるでしょう。

この糖にはいくつかの種類がありますが、その仕組みや効果について知っておくのがおすすめです。

人間の腸内には100兆匹を超える細菌が存在しており、腸内細菌の重さは1~1.5kg程度もあると言われています。

膨大な腸内細菌が腸内に分布しているのですが、人間に有益な善玉菌と人間に有害な悪玉菌、そして中立的な日和見菌という3つの種類があります。

腸内環境を良好に保ちたいという場合、最大勢力である日和見菌を味方につけることが大切です。

ちなみに、日和見菌は善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢な方に味方する特徴があると知っておきましょう。

また、菌活では理想的な腸内細菌バランスについても知っておくのが良く、善玉菌が優勢な状況になっていると日和見菌も善玉菌の働きをサポートしてくれるのです。

菌活で大切なオリゴ糖は人間の消化酵素では消化しにくいという特徴があり、大腸までそのまま到達するという特徴があります。

乳酸菌やビフィズス菌などはオリゴ糖をエネルギー源として増殖しているということです。

善玉菌はオリゴ糖をエサにして活発に増殖を始めるのですが、乳酸や酢酸といったものも同時に生成することができます。

これらの酸が悪玉菌の増殖を抑制してくれますし、善玉菌の腸内環境を作り出す働きをしてくれるのです。

つまりオリゴ糖は腸内フローラを良好に保つために必須の栄養素と言えますし、この糖が豊富に含まれる食品いついて知っておくと良いでしょう。

菌活ではゴボウや玉ねぎ、牛乳、ハチミツ、バナナなどを積極的に摂取していくのがおすすめです。

この糖は腸内善玉菌の増殖を助けることにより、腸内フローラを良好に保つ効果を期待できることが分かっています。

しかし、オリゴ糖というのは1種類だけではありませんし、分子構造の違いによっていくつかの種類があると知っておきましょう。

種類によって多く含まれる食品も異なっていますし、期待できる効果にも違いがあるということです。

腸内環境を良好な状態に保つためには、菌活によって腸内細菌を増やす手段について知っておくと良いでしょう。

ヨーグルトやチーズ、味噌、キムチなどの発酵食品を食べると善玉菌を直接取り込むことができますし、効率よく腸内環境を改善させることができます。

ちなみに、自然界の食品にはビフィズス菌はほとんど含まれていないため、乳酸菌などを摂取することが大切です。

乳酸菌などが腸内で生産する乳酸や酢酸によって悪玉菌の増殖を抑えることができますし、ビタミンを合成することで健康をサポートしてくれるでしょう。

また、それらの乳酸菌が生産する物質によって体の免疫力を高めることができますし、コレステロール値を下げるという働きもあることが分かっています。

また、菌活では腸内にもともと存在する善玉菌を増やすため、善玉菌のエサとなる物質を積極的に摂取していくという方法もあります。

腸内細菌には1000以上の種類がありますが、腸内にどんな菌が存在しているのかは人によって異なっています。

また、ヨーグルトなどで善玉菌を摂取してももともと腸内に存在している菌との相性にとっては効果があまり実感できないこともあります。

もともと存在している菌と善玉菌の相性が良い場合、腸内でしっかりと働いてくれるでしょう。

しかし、相性が悪かった場合はきちんと働いてくれませんし、便などと一緒にすぐに排出されてしまうので注意が必要です。

善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を摂取する方法ならそのような心配はありません。

そのような方法なら腸内にもともと存在する菌を増やすことができますし、相性や効果などを着にする必要はないのです。

善玉菌を増やすことができるのがこちらのメリットということですが、善玉菌のエサとなるものを食品だけから摂取しようとするのは難しいです。

そのため善玉菌を効率よく増やしたいという場合、紅茶キノコのサプリメントや飲み物などを利用した方が良いでしょう。

乳酸菌やビフィズス菌を継続的に摂取するだけでも腸内環境を改善することができますし、腸に届く前に胃酸で死んでしまっても善玉菌に対して有効な働きをしてくれることが分かっています。

オリゴ糖は腸内に存在する乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエネルギー源となりますし、菌活では積極的に摂取していくことが大切です。

善玉菌はこの糖をエサとして活発に増殖することができますし、必須ビタミンを合成してくれたり、悪玉菌の働きを抑えることができます。

また、善玉菌にはカルシウムや鉄、マグネシウムなどの吸収を良くする効果がありますし、便通を改善する効果なども期待できるでしょう。

ちなみに、腸内フローラで悪玉菌が優勢になってしまった場合、体調が悪くなってしまったり生活習慣病などにかかりやすくなってしまいます。